アプリケーション開発ポータルサイト
ServerNote.NET
ServerNote.NET厳選キャンペーン・クーポンはこちら!
カテゴリー【CentOSDebianFreeBSD
【Linux共通】プロキシサーバーの利用設定
POSTED BY
2021-04-02

利用するシェルがbashかzshであるなら、どのLinuxディストリビュージョンでも以下設定でシステム全体にプロキシサーバー利用設定が可能。

/etc/profile.d/proxy.shを作成し以下記述をする

sudo -s
cd /etc/profile.d
vi proxy.sh # 新規ファイル作成

PROXY_URL="http://proxy.example1155.jp:3128/"
HTTP_PROXY=$PROXY_URL
HTTPS_PROXY=$PROXY_URL
FTP_PROXY=$PROXY_URL
http_proxy=$PROXY_URL
https_proxy=$PROXY_URL
ftp_proxy=$PROXY_URL
no_proxy=".local.example1155.jp,.test.example1155.jp"
export HTTP_PROXY HTTPS_PROXY FTP_PROXY http_proxy https_proxy ftp_proxy no_proxy

PROXY_URLのproxy.example1155.jpは指定されたプロキシサーバーに書き換え、
3128は指定されたポート番号に書き換えてください。

なお、no_proxyは任意で、接続するときプロキシを利用したくないサーバーを羅列します。

ログインし直して、

env

とし、上記環境変数が設定されていることを確認。

wget https://www.yahoo.co.jp/

などとし、プロキシ経由でダウンロードできているか確認。

※本記事は当サイト管理人の個人的な備忘録です。本記事の参照又は付随ソースコード利用後にいかなる損害が発生しても当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
※本記事内容の無断転載を禁じます。
【webmaster/管理人】
自営業プログラマー
ご連絡は以下アドレスまで★

☆ServerNote.NETショッピング↓
ShoppingNote
☆お仲間ブログ↓
一人社長の不動産業務日誌
【キーワード検索】