アプリケーション開発ポータルサイト
ServerNote.NET
ServerNote.NET厳選キャンペーン・クーポンはこちら!
カテゴリー【PostgreSQLDebian
ソースから任意の場所にインストールしたPostgreSQLにPostGISをソースからインストール
POSTED BY
2021-04-21

PostgreSQLで位置情報型GEOGRAPHY,GEOMETRYを使うにおいては、PostgreSQLもPostGISもパッケージからインストールしたが、今度は両方とも最新版をソースコードからインストールする。

PostgreSQLのソースからインストールはどこにでも載っているので簡単に。ここでは/usr/local/pgsql以下にインストールするものとする。

sudo -s

apt install build-essential libssl-dev libreadline-dev zlib1g-dev

wget https://ftp.postgresql.org/pub/source/v13.2/postgresql-13.2.tar.gz
tar xvfzp postgresql-13.2.tar.gz
cd postgresql-13.2

./configure --prefix=/usr/local/pgsql
make
make install

問題はPostGISで、必要な外部ライブラリが多く、またPostgreSQLが入っているカスタムインストール先を手動指定する。以下公式ページに情報あり。

https://postgis.net/docs/manual-dev/postgis-ja.html#PGInstall

sudo -s

apt install libproj-dev libxml2-dev libjson-c-dev libgdal-dev libprotobuf-dev libprotobuf-c-dev protobuf-compiler protobuf-c-compiler

wget http://postgis.net/stuff/postgis-3.2.0dev.tar.gz
tar xvfzp postgis-3.2.0dev.tar.gz
cd postgis-3.2.0dev

./configure --prefix=/usr/local/pgsql --with-pgconfig=/usr/local/pgsql/bin/pg_config
make
make install

これで、PostgreSQLカスタムインストール先/usr/local/pgsql以下に、コンパイルされたPostGIS一式が無事入った。

あとの使い方はPostgreSQLで位置情報型GEOGRAPHY,GEOMETRYを使うと同じ。

適当なデータベースでスーパーユーザーで、

CREATE EXTENSION postgis;

と打ってエラーが出ずCREATE EXTENSIONとなれば、無事PostGISが使える状態になっている。

※本記事は当サイト管理人の個人的な備忘録です。本記事の参照又は付随ソースコード利用後にいかなる損害が発生しても当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
※本記事内容の無断転載を禁じます。
【webmaster/管理人】
自営業プログラマー
ご連絡は以下アドレスまで★

☆ServerNote.NETショッピング↓
ShoppingNote
☆お仲間ブログ↓
一人社長の不動産業務日誌
【キーワード検索】