アプリケーション開発ポータルサイト
ServerNote.NET
ServerNote.NET厳選キャンペーン・クーポンはこちら!
カテゴリー【DebianRaspberryPI
Debian LinuxでPDFファイルをネットワークプリンタから印刷する
POSTED BY
2021-05-31

cupsとlprを使えば、DebianなどLinuxからネットワークプリンタへ直接印刷ができる。

インストール

apt install cups lpr

設定

/etc/cups/cups-files.conf

#SystemGroup lpadmin
SystemGroup lpadmin sudo

としておけば、sudo権限を持つアカウントはそのまま自身のユーザー名・パスワードでcups管理操作ができる。

/etc/cups/cupsd.conf

変更点は以下プラス、Policy default以降Order allow,denyがたくさんあるが、そのすべての下にAllow @LOCAL(ローカルネットワークからのアクセスを許可)をつけています。当方環境ではローカルネットワーク内のプリンタジョブ状況見るのにそこまでセキュリティ固めてません。この辺は環境によって制限してください。

Port 631
<Location />
  Order allow,deny
  Allow @LOCAL
</Location>
<Location /admin>
  Order allow,deny
  Allow @LOCAL
</Location>
<Location /admin/conf>
  AuthType Default
  Require user @SYSTEM
  Order allow,deny
  Allow @LOCAL
</Location>
<Location /admin/log>
  AuthType Default
  Require user @SYSTEM
  Order allow,deny
  Allow @LOCAL
  Order allow,deny
  Allow @LOCAL
</Location>
<Policy default>

変更は抜粋です。ローカルエリアのどこからでも見れるように、Portはlocalhostを取り払っています。

再起動

/etc/init.d/cups restart

管理システムへのアクセス

DebianのIPが192.168.1.4とすると、ブラウザにて

https://192.168.1.4:631/admin/

へアクセスします。ローカルネットなので証明書エラーは無視して進みます。
cups-files.confでSystemGroup lpadmin sudoとしているなら、sudoできるマシンアカウント・パスで管理ページに入れます。
いずれかのページで、レイアウトがおかしかったり、Forbiddenが出る場合、上記cupsd.confのどこかでOrder allow,deny Allow @LOCALなどのアクセス許可のし忘れによるものです。

プリンターの追加

プリンターの追加で、利用可能なネットワークプリンタの一覧が出るので選択して、モデル名にあったドライバを選びます。ドライバーが表示されない場合、メーカーのHPなどからPPDファイルをダウンロードして、それを指定しなくてはいけません。

追加が完了したら「メンテナンス」→「サーバーのデフォルト設定」を選択して、このDebianにおけるデフォルトのプリンタにします。こうしておけば、コマンドラインからlprで印刷するとき、プリンタ名を指定する必要がありません。

コマンドラインからの印刷

PDFファイルがtest.pdfだとすると、

lpr -o PageSize=a4 -o scaling=100 test.pdf

もしくは

lp -o PageSize=a4 -o scaling=100 test.pdf

として印刷します。さきほどの管理画面で、アクセスログ、エラーログ、完了したジョブ、など確認します。

※本記事は当サイト管理人の個人的な備忘録です。本記事の参照又は付随ソースコード利用後にいかなる損害が発生しても当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
※本記事内容の無断転載を禁じます。
【webmaster/管理人】
自営業プログラマー
ご連絡は以下アドレスまで★

☆ServerNote.NETショッピング↓
ShoppingNote
☆お仲間ブログ↓
一人社長の不動産業務日誌
【キーワード検索】