アプリケーション開発ポータルサイト
ServerNote.NET
ServerNote.NET厳選キャンペーン・クーポンはこちら!
カテゴリー【PostgreSQLC/C++
【PostgreSQL】ソースコードからクライアントおよび開発ツールのみインストールする
POSTED BY
2020-10-04

C言語コンパイル・バイナリ実行がOKのレンタルサーバー環境下でも、PostgreSQL用の開発環境までは用意されていない場合がほとんどである(大抵PHP、Python、Perlのみ)。

よってPostgreSQL全体のソースコードをダウンロードしコンパイル、インストールはクライアント関係および開発ライブラリのみ自分のホームディレクトリに導入するには以下のようにする。

まずシステムpsqlのバージョン確認

psql -V
psql (PostgreSQL) 9.6.17

バージョンがわかったので該当のソースコードを探してダウンロード
https://www.postgresql.org/ftp/source/
から見つける。

wget https://ftp.postgresql.org/pub/source/v9.6.17/postgresql-9.6.17.tar.gz

自分のホームディレクトリにインストールするようconfigure

cd postgresql-9.6.17
./configure --prefix $HOME/pgsql

ビルド

make

クライアント・開発関係のみインストール

gmake -C src/bin install
gmake -C src/include install
gmake -C src/interfaces install
gmake -C doc install

ホームディレクトリのpgsql/includeにlibpq-fe.h、libにlibpq.soがインストールされているはずである。

あとはプログラムコンパイル時

g++ -I$HOME/pgsql/include -L$HOME/pgsql/lib test.cpp -lpq

などとする。CGI経由で実行する場合.htaccessにLD_LIBRARY_PATHを加えないといけない。

SetEnv LD_LIBRARY_PATH "/usr/local/lib:/home/hogeuser/pgsql/lib"
※本記事は当サイト管理人の個人的な備忘録です。本記事の参照又は付随ソースコード利用後にいかなる損害が発生しても当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
※本記事内容の無断転載を禁じます。
【webmaster/管理人】
自営業プログラマー
ご連絡は以下アドレスまで★

☆ServerNote.NETショッピング↓
ShoppingNote
☆お仲間ブログ↓
一人社長の不動産業務日誌
【キーワード検索】