アプリケーション開発ポータルサイト
ServerNote.NET
ServerNote.NET厳選キャンペーン・クーポンはこちら!
カテゴリー【FlutterWindowsAndroid
【Windows版】Flutterインストールメモ
POSTED BY
2021-10-20

iOS/Androidアプリが同一のコードで同時に作れるいわゆるクロスプラットフォームフレームワーク「Flutter」のインストール。
今回まずWindows版を導入する。通常、Android Studioのプラグインとして組み込んで使う。よってまずAndroid Studioを入れる。

Android Studioのインストール

https://developer.android.com/studio?hl=ja

からインストーラをダウンロードして、実行。基本デフォルトのままNext連打で良いはず。

インストールが完了したら起動して、Welcome→Next→Standardを選択→Next→テーマ選択→Finish。
初期セットアップ(Download Compornents)が始まるので、終わったらFinish→Welcome→More Actions→SDK Managerを起動。

自分がテストで使う実機のAndroidバージョンのSDKにチェックを入れ、OK→Next→Agreeでインストールしておく。
更に、SDK Tools→Android SDK Command-line ToolsとGoogle USB Driverにチェックを入れ、同じようにインストールしておく。

Flutterのインストール

https://flutter.dev/docs/get-started/install/windows

を参考にする。Google Chromeのブラウザ翻訳をするとよい。

FlutterSDKの入手

https://storage.googleapis.com/flutter_infra_release/releases/stable/windows/flutter_windows_2.5.3-stable.zip

をダウンロードし、解凍する。出来上がった「flutter」フォルダを、どこかに設置するが、ここでは単純に「C:\flutter」に置いた。

環境変数PATHを通す

コントロールパネル→システムとセキュリティ→システム→右側「システムの詳細設定」→環境変数→システム環境変数→PATH→編集

「新規」で、「C:\flutter\bin」として、すべてOKで閉じる。

コマンドプロンプトを開き、

where flutter dart

C:\flutter\bin\flutter
C:\flutter\bin\flutter.bat
C:\flutter\bin\dart
C:\flutter\bin\dart.bat

などと出れば、正常のパスが通っている。

flutter doctorの実行

コマンドプロンプトで、flutter doctorとする。

flutter doctor

Running "flutter pub get" in flutter_tools...                      10.6s
Doctor summary (to see all details, run flutter doctor -v):
[√] Flutter (Channel stable, 2.5.3, on Microsoft Windows [Version 10.0.19043.1288], locale ja-JP)
[!] Android toolchain - develop for Android devices (Android SDK version 31.0.0)
    ! Some Android licenses not accepted.  To resolve this, run: flutter doctor --android-licenses
[√] Chrome - develop for the web
[√] Android Studio (version 2020.3)
[√] Connected device (2 available)

! Doctor found issues in 1 category.

と、ライセンス同意をせよ、と出たので、

flutter doctor --android-licenses

と走らせ、出るライセンス同意にすべて「Accept」とすれば、All SDK package licenses acceptedとなる。

もう一度flutter doctorを走らせる。

flutter doctor
Doctor summary (to see all details, run flutter doctor -v):
[√] Flutter (Channel stable, 2.5.3, on Microsoft Windows [Version 10.0.19043.1288], locale ja-JP)
[√] Android toolchain - develop for Android devices (Android SDK version 31.0.0)
[√] Chrome - develop for the web
[√] Android Studio (version 2020.3)
[√] Connected device (2 available)

? No issues found!

問題なしと出ればOK。

Flutter&Dartプラグインのインストール

Android Studio Welcome to Android Studioに戻って、「Plugins」をクリック、「Flutter」が居るはずなので「Install」をクリック
Accept→DartとともにAccept、Install。完了するとRestart IDEボタンになるので、クリックしてAndroid Studio再起動。

以降はWelcome to Android Studioに、「New Flutter Project」が出現するので、これを選択するか、メニューバー→FileからNew Flutter Projectが選択できる。

実機の接続

Android実機→設定→端末情報→カーネルビルド番号を連打して開発者オプションを開放し、開発者オプション→USBデバッグを許可・提供元不明のアプリを許可しておく。
PCに接続して、USBデバッグを許可しますか→常に許可するにチェック→OK

この状態で、コマンドプロンプトでflutter devicesとすると

flutter devices
3 connected devices:

SO 03H (mobile) ? CB5A29G3GE ? android-arm64  ? Android 7.0 (API 24)
Chrome (web)    ? chrome     ? web-javascript ? Google Chrome 94.0.4606.81
Edge (web)      ? edge       ? web-javascript ? Microsoft Edge 93.0.961.38

接続した実機が現れてれば、flutterアプリビルド→インストール可能なはずである。

※本記事は当サイト管理人の個人的な備忘録です。本記事の参照又は付随ソースコード利用後にいかなる損害が発生しても当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
※本記事内容の無断転載を禁じます。
【webmaster/管理人】
自営業プログラマー
ご連絡は以下アドレスまで★

☆ServerNote.NETショッピング↓
ShoppingNote
☆お仲間ブログ↓
一人社長の不動産業務日誌
【キーワード検索】