アプリケーション開発ポータルサイト
ServerNote.NET
ServerNote.NET厳選キャンペーン・クーポンはこちら!
カテゴリー【FlutterGoogleAndroidiPhone/iPad
FlutterでGoogle Cloud Speech-to-Text APIを使う
POSTED BY
2021-10-28

端末ネイティブの音声→テキスト変換機能ではなく、クラウドサーバー上の音声変換サービスをFlutterから呼び出して使ってみる。

Amazon AWS、IBM Watson、Microsoft Azure、Google Cloud Platformの4大サービスがあるが、Flutterと相性が良いであろうGoogleを選択。

探すとFlutterのパッケージに存在した。

https://pub.dev/packages/google_speech

1、Google Cloud Speech-to-Text APIの使用準備

Google Cloud Platformへアクセスし利用開始を承認する

https://console.cloud.google.com/

APIとサービスAPIとサービスを有効化とし、Cloud Speech-to-Text APIを探して「有効」とする。

すると認証情報が必要になる場合があります、と出るのでそのまま「認証情報を作成」→「サービス アカウント」とする。

サービスアカウントの詳細

サービスアカウント名:speech_to_text_api
サービスアカウントの説明:speech_to_text_api

作成して続行→完了

作成したアカウントを選択して、「キー」タブを開く。

鍵を追加→新しい鍵の作成→キーのタイプにJSONを選択して完了すると、キーのJSONファイルがダウンロードされる。このJSONファイルを、Flutter上でgoogle_speechパッケージに読み込ませて、APIにアクセスすることになる。ここではspeech_to_text_api_key.jsonとする。

※本記事は執筆途中です。

※本記事は当サイト管理人の個人的な備忘録です。本記事の参照又は付随ソースコード利用後にいかなる損害が発生しても当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
※本記事内容の無断転載を禁じます。
【webmaster/管理人】
自営業プログラマー
ご連絡は以下アドレスまで★

☆ServerNote.NETショッピング↓
ShoppingNote
☆お仲間ブログ↓
一人社長の不動産業務日誌
【キーワード検索】