アプリケーション開発ポータルサイト
ServerNote.NET
ServerNote.NET厳選キャンペーン・クーポンはこちら!
カテゴリー【PythonGoogle
TensorFlow公式のチュートリアルを進める(1)
POSTED BY
2021-01-03

Google TensorFlowバージョン2 の公式チュートリアルをすすめるメモ

https://www.tensorflow.org/tutorials?hl=ja

上記チュートリアルを、Google Colaboratoryではなく、自前のJupyter Notebook環境ですすめていく。

そのうち、

初心者のための TensorFlow 2.0 入門
https://www.tensorflow.org/tutorials/quickstart/beginner?hl=ja

エキスパートのための TensorFlow 2.0 入門
https://www.tensorflow.org/tutorials/quickstart/advanced?hl=ja

は、本サイトの2つの記事設定

Debianデフォルトのpython3にpip3を入れてモジュールを追加できるようにする
AWSのDebianで動くJupyter Notebookに外からSSHポートフォワードで接続する

により、追加・エラー無くJupyter Notebookにコピーペーストで実行することができた。

はじめてのニューラルネットワーク:分類問題の初歩
https://www.tensorflow.org/tutorials/keras/classification?hl=ja

★出現したエラー

ModuleNotFoundError: No module named 'matplotlib'

★解決法

sudo pip3 install matplotlib

Jupyterのトップページにて、これまで3つのUntitled1,2,3.ipynbを、ファイル→リネームで、それぞれのTensorFlow公式のページ名.ipynbに変更しておく。以後も同様とする。

はじめてのニューラルネットワーク:分類問題の初歩.ipynb
エキスパートのための TensorFlow 2.0 入門.ipynb
初心者のための TensorFlow 2.0 入門.ipynb

※本記事は当サイト管理人の個人的な備忘録です。本記事の参照又は付随ソースコード利用後にいかなる損害が発生しても当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
※本記事内容の無断転載を禁じます。
【webmaster/管理人】
自営業プログラマー
ご連絡は以下アドレスまで★

☆ServerNote.NETショッピング↓
ShoppingNote
☆お仲間ブログ↓
一人社長の不動産業務日誌
【キーワード検索】