アプリケーション開発ポータルサイト
ServerNote.NET
ServerNote.NET厳選キャンペーン・クーポンはこちら!
カテゴリー【仮想通貨
OpenSeaで画像をNFT資産として販売するには
POSTED BY
2021-09-06

1、NFTとは?

最近よく、~サイト上でNFT資産が〇億円で落札された~なんてニュースを耳にしないだろうか。

NFT=Non-Fungible Token=非代替性トークンとは、商品来歴の管理に使われるコピー不可なトークンである。
ほとんどの人が誤解していることだが、商品そのものが唯一無二・コピー不可なものということではない

紐づけられた商品が贋作かコピー品かどうか、ということは問わない。唯一無二として証明されるのは、その商品がどのような経緯で供給され、どう売られてきたものなのか、という情報である。この情報こそがNFTで管理されるもので、ブロックチェーン上に分散されて保存・更新されていく。

NFTトークン自体は文字列であるので、紐づけられる商品はデジタルデータだけではなく、実物の商品や不動産なども可能で、NFTを発行して、トークン文字列を印刷して、商品に貼り付ければよい。このトークンをキーにして、その先のブロックチェーンにはその商品来歴が唯一無二のものとして保存更新されていくことになる。

2、画像をNFT資産として売るためのステップ

次のようなステップになる。

・仮想通貨取引市場サイトに口座を開設し日本円を入金する(運転資金を買うため)

・仮想通貨ウオレットプラグインMETAMASKをChrome拡張機能でインストール

・取引市場でイーサリアム通貨を日本円でいくらか購入する

・購入したイーサリアムをMETAMASKへ送金(チャージ)する

・NFT資産取引市場OpenSeaを開き、ログインしてMETAMASKと連携する

・売りたい画像をOpenSeaにアップロードする

・価格を決めて販売開始

では早速順番に行ってみよう。

3、仮想通貨取引市場サイトに口座を開設し日本円を入金する

METAMASKはOpenSeaで使われるただのお金の入れ物(財布=ウォレット)であるだけなので、通貨を買ったり売ったりするには、まず通貨市場に口座を開設しなくてはならない。

当方は、GMOコインを選択した。

https://coin.z.com/jp/

メールアドレス認証→パスワード登録→SMS認証→認証完了→開設申し込みへ進む

レバレッジ取引をするかどうかは好みで。

かんたん本人確認→QRコード→スマホで本人確認書類と自撮りを指示に従いこなし、審査待ち。

不備なく通ると口座開設コードがメールで届くのでペーストして開設完了。

まず日本円資金の入金だが、クレジットカード入金とかはできない。銀行口座からの送金のみである。

当方、即時入金は使わず普通の通常振込で、いくらかの運転資金を振り込んだ。

4、仮想通貨ウオレットプラグインMETAMASKをChrome拡張機能でインストール

NFT市場OpenSeaで標準で使われる財布、METAMASKをブラウザChromeで拡張機能インストールする。
OpenSeaのサイトに最初に行って、METAMASKへ誘導される。

https://opensea.io/wallet/install?referrer=%2Fasset%2Fcreate%3Flocale%3Dja

Get MetaMask

Install MetaMask for Chrome Chromeに追加

拡張機能→MetaMaskにようこそ

開始

MetaMask が初めての場合

ウオレットの作成

同意しません

パスワードの作成
ウォレットの保護
次へ
秘密のバックアップフレーズ
カギをクリック 表示 コピー
この時表示される文章のようなもの=バックアップフレーズは無くさず厳重に保管すること!流出厳禁!
バックアップフレーズ確認

シークレットリカバリーフレーズ入力

すべて完了

トップ画面へ

Account1 クリップボードにコピー
0xから始まるこれが、自分のイーサリアムアドレス

このアドレス宛に、GMOコインから仮想通貨を送金=チャージすることになる。

5、取引市場でイーサリアム通貨を日本円でいくらか購入する

OpenSeaでは基本、ビットコインでなくイーサリアムを使う。

GMOコインに戻って、現物取引→イーサリアム(ETH)で、流通用の運転資金をとりあえず最小購入。

当方、0.1ETHほど購入。(※自己責任注意。価格は変動するし、手数料数十円かかります)

6、購入したイーサリアムをMETAMASKへ送金(チャージ)する

入出金→暗号資産→送付→宛先の選択+新しい宛先→

ニックネームは適当に半角でつける

イーサリアムアドレス

4、のMETAMASKでAccount1 クリップボードにコピーした、0xから始まる自分のイーサリアムアドレス。

登録する

確認メール受信→認証完了

送付数量 当方はさきほど買った 0.1 ETH

SMSで二段階認証コード入力

送付(※注意!GMO→METAMASKは手数料なくても、METAMASK→GMOに戻す(送金)する場合、イーサリアムネットワークのガス代が徴収されます!筆者これを知らずに気軽に送金してしまい、戻す時8~9ドル(千円弱!)も取られてしまったので大後悔しました!やるなら自己責任で送付してください!

しばらくすると、METAMASKに「受領」として0.1ETH入金されている。(当方の場合)

7、NFT資産取引市場OpenSeaを開き、ログインしてMETAMASKと連携する

https://opensea.io/

に戻り、Adblockなどの広告ブロックをしている場合解除しておく(METAMASKとの連携が正常に行かない可能性があるので)

Sign In して認証、METAMASK連携する。Chrome拡張機能上のMETAMASKが認証を求めるポップアップを出すので、認証する。

8、売りたい画像をOpenSeaにアップロードする

アップロードする前に決めておくことがあって、価格をいくらにするかと、ブロックチェーンをイーサリアムかPolygonにするかというのがある。

イーサリアムネットワークを使うにすると、販売開始=流通に載せるとガス代がかかる。ネットワーク運用資金として徴収されるわけです。

Polygonを使うにすると、ガス代はかからない。しかし、オークション方式が使えないなど、まだ全然冷遇状態のようで、OpenSea市場でも8%しか使われていない。(イーサリアムが91.5%)。つまり皆、真剣にNFT資産をイーサリアムネットワークで対価を払って売ろうとしているわけです。

この選択は売るときでなく、商品の新規登録時に行わなくてはいけない。では、新規作成をしてみる。

当方は、とりあえず誰も見向きもしないであろうが、庭のひょうたん池の写真を撮ってそれをアップしてみた。

新規コレクションの作成
https://opensea.io/asset/create?locale=ja

Create new item

Image, Video, Audio, or 3D Model
売り出す画像をドロップ

Name *
名前を入力
Hand-Made pond in the rain(例)

External Link
外部リンク
この商品のホームページ ここではカラ

Description
説明
庭に出した手製の池です。近くの川で採取した水草、浮草、中には川魚とエビが泳いでいます。日光に当てている時、にわか雨が降ってきました。
This is a handmade pond in my garden. The pond is filled with water plants and floating plants from the nearby river, and river fish and shrimps are swimming in it. While I was exposing it to the sun, it started to rain.(例)

Collection
カテゴリのようなもの デフォルトでUntitled Collection

ブロックチェーン
EthereumかPolygonを選択。上記説明のとおり。

他は特に何もいじらず「作成」。これでひとまず、資産の登録ができた。

自分のプロフィールアイコンにマウスを合わせて、
My CollectionsでUntitled Collectionにさきほどの商品があるので、
鉛筆アイコンでこのUntitled Collectionを編集できる。

カテゴリの属性編集のようなもの。
My Profileとかも一緒に編集して、クリエイター情報を作らないとまず売れないだろう。

9、価格を決めて販売開始

では今回のアイテムをひとまず0.001ETHで売ってみよう。

My Profile で商品一覧を表示し、さきほどの商品を選択し、「売る」をクリック

売り方(イーサリアムネットワークを選択していた場合)

Set Price 指値
Highest Bid オークション
Bundle いくつかまとめてセット売り

ここでは例としてHighest Bidを選択

Minimum Bid 開始価格 0.001ETH (全角解除、半角で入力)

Reserve price 最低落札価格(これ以上にならなければ売却キャンセル)1ETH
※↑必須入力項目で、なぜか1以上が必須であった。1ETH=約40万、売れるわけないだろそれ。。

Expiration Date オークション期間を決める。例としてin a month にしてみる。

Feesに、売れたら売却価格の2.5%をOpenSeaに支払うこと、とある。

問題なければ Post your listing。(※自己責任注意

すると、Chrome Metamask確認画面に、ガス代要求のダイアログが出ます。

当方はあくまでここまでのテスト目的なので、引き返し(拒否)しました。承認したらMETAMASKからガス代がイーサリアムで徴収されて流通開始となるはずです。(※自己責任注意

Polygonを選択していた場合

ガス代はかからないが、指定できるのは指値販売のみである。

Set Price
0.001

Schedule Start-End dateを決める デフォルトの約半年。

Complete listing(※自己責任注意

Complete your listing

Unlock currency→Metamask 署名要求→署名

しばらく待つ

Sign Message→Metamask 署名要求→署名

で、ガス代はかからず、流通開始した模様。

10、NFT唯一性の確認

My Profile で商品一覧を表示し、さきほどの商品を選択し、「詳細」で確認できる。

Contract AddressとToken IDが確認できる。この2つの組み合わせが唯一無二のものとなるので、実在の商品に貼り付ける場合はこの2つを印刷して貼付する。

※本記事は当サイト管理人の個人的な備忘録です。本記事の参照又は付随ソースコード利用後にいかなる損害が発生しても当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
※本記事内容の無断転載を禁じます。
【webmaster/管理人】
自営業プログラマー
ご連絡は以下アドレスまで★

☆ServerNote.NETショッピング↓
ShoppingNote
☆お仲間ブログ↓
一人社長の不動産業務日誌
【キーワード検索】