アプリケーション開発ポータルサイト
ServerNote.NET
ServerNote.NET厳選キャンペーン・クーポンはこちら!
カテゴリー【C/C++
【C++】std::string文字列内のカッコ囲いを検索して分割する
POSTED BY
2021-07-28
あいうえお〔かきくけこ〕

のようなstd::string文字列があったとして、カッコ内文字列の存在を検索して、

あいうえお
かきくけこ

と、2つのstd::string文字列に分割するサンプル。findsubstrを使う。

C/C++std_string_find_substr.cppGitHub Source
#include <iostream>
#include <string>

int main(int argc, char **argv) {

  const char *cs = "あいうえお〔かきくけこ〕";
  std::string ss = std::string(cs);

  std::string::size_type c1, c2;

  if((c1 = ss.find("〔")) != std::string::npos &&
    (c2 = ss.find( "〕", c1 + 3)) != std::string::npos) {

    std::cout << c1 << std::endl;
    std::cout << c2 << std::endl;

    std::string h1 = ss.substr(0, c1);
    std::string h2 = ss.substr(c1 + 3, c2 - (c1 + 3));

    std::cout << h1 << std::endl;
    std::cout << h2 << std::endl;

    ss.erase(c1);

    std::cout << ss << std::endl;
  }

  return 0;
}

コンパイル、実行結果

g++ std_string_find_substr.cpp

./a.out

15
33
あいうえお
かきくけこ
あいうえお

UTF-8ではあいうえお等は1文字3バイトであるので、最初のカッコが見つかった箇所のインデックスは15、閉じカッコが見つかった箇所は33。
あとはそのインデックス情報を使ってsubstr関数で指定位置から指定文字数ぶん抜き出せばOK。
最後におまけで、元の文字列自体から指定インデックス以降の文字列を切り落とすにはeraseを使う。

※本記事は当サイト管理人の個人的な備忘録です。本記事の参照又は付随ソースコード利用後にいかなる損害が発生しても当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
※本記事内容の無断転載を禁じます。
【webmaster/管理人】
自営業プログラマー
ご連絡は以下アドレスまで★

☆ServerNote.NETショッピング↓
ShoppingNote
☆お仲間ブログ↓
一人社長の不動産業務日誌
【キーワード検索】