アプリケーション開発ポータルサイト
ServerNote.NET
カテゴリー【DebianWindowsFreeBSD
LinuxからWindowsの共有フォルダをマウントする
POSTED BY
2020-03-21

1、Windowsで共有したいフォルダを右クリックしてプロパティ→共有→このフォルダーを共有するにチェック。
ここでは、C:\Users\hogeuser ホームフォルダを選択したものとする。
アクセス許可を好みに設定してOKで閉じる。

WindowsのIPアドレスを調べておく。コマンドプロンプトを開いて

ipconfig

IPv4 アドレス: 192.168.1.111

固定IPを割り当てておくのが望ましい。
コントロール パネル\ネットワークとインターネット\ネットワークと共有センター
イーサネットで「プロパティ」→「インターネットプロトコルバージョン4」→「プロパティ」で割り当て。

2、ここからLinux。Sambaがインストール済みであること。

mount.cifsを使えるようにする。

# Debian
apt install cifs-utils 

# Redhat
yum install cifs-utils

3、Windowsへのログイン情報ファイルを設置する。

/etc/samba/credentials

username=hogeuser #<Windows username>
password=hogepass #<Windows password>

4、マウント用のディレクトリをLinux側に作成。

/mnt/winhome とする。

sudo mkdir -p /mnt/winhome

5、Linux側の自分のアカウントのuid,gidを把握しておく。

/etc/passwdでわかる。

cat /etc/passwd

hogeuser:x:1051:1051:hogeuser,,,:/home/hogeuser:/bin/bash

uid,gidともに1051である模様。

6、マウントした時のWindowsファイルの見え方(パーミッション)を決める。

自分は、ファイルは0644(-rw-r--r--)、ディレクトリは0755(dr-xr-xr-x)としている。

7、以上の情報をもって、マウントする。

mount -t cifs -o credentials=/etc/samba/credentials,uid=1051,gid=1051,file_mode=0644,dir_mode=0755,vers=2.1 //192.168.1.111/hogeuser /mnt/winhome

成功すれば/mnt/winhomeが自分のアクセス権限でWindowsのホームフォルダが見えるはずである。

8、起動時マウント fstab を設定する

/etc/fstab

//192.168.1.111/hogeuser /mnt/winhome cifs rw,credentials=/etc/samba/credentials,_netdev,x-systemd.automount,uid=1051,gid=1051,file_mode=0644,dir_mode=0755,vers=2.1 0 0

と記述して、再起動してみて自動マウントできているか確認する。

※本記事は当サイト管理人の個人的な備忘録です。本記事の参照又は付随ソースコード利用後にいかなる損害が発生しても当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
※本記事内容の無断転載を禁じます。
【webmaster/管理人】
自営業プログラマー
ご連絡は以下アドレスまで★

☆お仲間ブログ1↓
匠のコーヒーブレイク
☆お仲間ブログ2↓
一人社長の不動産業務日誌
【キーワード検索】