アプリケーション開発ポータルサイト
ServerNote.NET
カテゴリー【Amazon/AWSDebianCentOS
【Amazon/AWS】NVMe SSD仕様のコンピューティング最適化(c6gd)・メモリ最適化(r6gd)インスタンスを作成するには
POSTED BY
2021-04-20

普通に新規「インスタンスを起動」でNVMe SSD仕様のコンピューティング最適化(c6gd)・メモリ最適化(r6gd)インスタンスを選択しようとしても、グレーアウトしており選択することができない(作成できない)。

どうしてなのかずっと不明だったが、なんてことはなかった…、

AWSの仮想マシン(インスタンス)タイプ一覧

https://aws.amazon.com/jp/ec2/instance-types/

ここの「コンピューティング最適化」「メモリ最適化」のインスタンスの特徴に、

Arm ベースの AWS Graviton2 プロセッサを使用します。

と書いてあるではないか。

つまり「インスタンスを起動」の直後のファーストステップ

ステップ 1: Amazon マシンイメージ (AMI)

で、どのOSでも構わないから「64ビット(Arm)」のほうを選択すればいいだけである。

Amazon Linux2でないとダメとかはなく、普通にDebian 10 BusterでもArmを選択できる。

ステップ 2: インスタンスタイプの選択で、今度はコンピューティング最適化、メモリ最適化のインスタンスが選べるようになる。(r6gd.2xlargeやc6g.4xlarge)

インスタンスの料金一覧

https://aws.amazon.com/jp/ec2/pricing/on-demand/

たとえば汎用インスタンス

c5.2xlarge 8 39 16 GiB EBS のみ 0.428USD/時間
c5.4xlarge 16 73 32 GiB EBS のみ 0.856USD/時間

だが、Armの最適化インスタンスなら

r6g.xlarge 4 該当なし 32 GiB EBS のみ 0.2432USD/時間
r6g.2xlarge 8 該当なし 64 GiB EBS のみ 0.4864USD/時間
r6gd.xlarge 4 該当なし 32 GiB 1 x 237 NVMe SSD 0.278USD/時間
r6gd.2xlarge 8 該当なし 64 GiB 1 x 475 NVMe SSD 0.556USD/時間

と、ほぼ倍のスペックを同料金で使うことができる。

しかしながら、ArmでもサポートOSならそのまま入っているが、サーバーソフトがソースからエラーなくコンパイルできるか、またX86と変わらぬrpmパッケージがそのまま入るかどうか、それは各ソフトのサポート状況による。

※本記事は当サイト管理人の個人的な備忘録です。本記事の参照又は付随ソースコード利用後にいかなる損害が発生しても当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
※本記事内容の無断転載を禁じます。
【webmaster/管理人】
自営業プログラマー
ご連絡は以下アドレスまで★

☆お仲間ブログ1↓
匠のコーヒーブレイク
☆お仲間ブログ2↓
一人社長の不動産業務日誌
【キーワード検索】